FC2ブログ


マニアの為に贈る正真正銘の無修正盗撮サイト! 何も知らない素人娘の恥ずかしい姿を是非ともご覧下さい!!
ソープランド

カテゴリ:ソープランド の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
くっきり高画質でおマ〇コ丸見え!股間に溜まった精液が一気に爆発!これぞ一本道!

ソープランドの「ボーナス」

ボーナスの時期ですね!
今年は景気が回復傾向だということもあり、前回よりもボーナスの金額が少し増えたという人も多いのではないでしょうか?
ボーナスを貰ったら、風俗に遊びに行きたくなっちゃいますよね。
特に値段の高いソープランドは、ボーナスが出たら行ってみたいところです。

ところで、ソープランドにも一応「ボーナス」というものが存在します。
ですが、ソープランドにおける「ボーナス」というのは、普通の会社とは少し違うんです。



普通の会社ならば、ボーナスは働いている社員が、年に2回ないし3回「賞与」として貰えるものですよね。
ソープランドでも、男性スタッフは普通にボーナスを支給されます(お店によってはボーナスというシステム自体が無いばあいもありますが…)。
ですが、ソープランドで働くソープ嬢にとって、ボーナスといえばお店から貰うものではなく「女の子がお店にお金を支払う」というものなのです。
ちょっと何を言っているのかわからないかもしれませんが、要するにソープ嬢にとってボーナスとは、「あげるものではなく払うもの」ということです。
普通ならば、頑張って働いている女の子がボーナスを貰うのが当たり前ですよね。
でも、そこが風俗業界の不思議なところです。

本来、ソープランドの男性スタッフには、年に2回のボーナスや賞与の制度はありませんでした。
最初は女の子達が男性スタッフをねぎらう目的で、女の子達が自主的にボーナスを男性スタッフにあげていた習慣だったそうです。
それが今では何故か、自主的にあげていたボーナスが強制的に徴収されるものに変化してしまっているのです。
ちなみに女の子一人あたりから徴収する金額も、何故かお店が主導で決めることになっています。
私もソープランドで働いていた時は「ボーナス」を貰ったことがあります。

というわけで、ソープランドにおけるボーナスとは、お店側が指導して女の子から強制徴収をされることになっているお金なので、女の子から徴収する雑費やお茶代などと同様、お店の売り上げの一部となっている場合が殆どです。
ですから女の子から徴収したボーナスが、全額、男性スタッフの手に渡るということは殆どないんですよね。

悪徳なお店になると、女の子から徴収する雑費・お茶代・タオル代・税金などと同様、お店の売り上げに計上しないということもあり、ボーナスが何故かお店の裏金作りの資金源となったり、脱税の温床となっていたりすることもあります。

ちなみにボーナスの徴収金額は、女の子の出勤日数や手取り金額の多さにかかわらず、在籍者全員から一定の金額を徴収するというのが一般的です。
徴収方法は、年2回のボーナス時期にそれぞれ徴収する場合と、毎月少しずつ徴収する場合があります。
女の子が直ぐに辞めてしまうような定着率の悪いソープランドの場合は、毎月徴収というのが多いようです。
徴収金額は、年2回の徴収の場合は、1回10万円前後、毎月徴収の場合は、1回5000円~30000円程度というのが一般的です。
何にせよ、普通の感覚で言えば、結構な金額ですよね…。
だから、女の子によってはボーナスのないお店を探す子も少なくないようです。
私も多分、ソープ嬢として働くのならば、間違いなくボーナスの無いお店で働きます(笑)

当たり前ですが、高級ソープランドになればなるほど、ボーナスの徴収金額が高くなる傾向にあります。
仮にボーナスが無いお店でも、他の税金や雑費などの日々の引かれものの金額を高くして、女の子から徴収する雑費の負担金額を大きくしていることもあるようです。

何にせよ、ソープランドで働く女の子からしてみれば、何ともはた迷惑なのが、ボーナスなのです。
ですからせめて、お客さんはボーナスを貰ったら、お世話になっている女の子に一度は会いに行ってあげて、彼女たちを労ってあげて下さい。
くっきり高画質でおマ〇コ丸見え!股間に溜まった精液が一気に爆発!これぞ一本道!

ソープランドの料金システム

風俗の王様と言われる「ソープランド」。
ソープランドが、他の風俗と一番違う点は、サービスの内容です。
ソープランドのサービスは、いわゆる「最後まで」というやつで、他の風俗ではあり得ない、本番付きの濃厚なサービスを堪能できるのです。
また、マットプレイや椅子プレイなど、他の風俗では味わえない、ソープランドならではのテクニックを堪能することができます。





さて、ソープランドは、他の風俗とは一線を画した、ちょっと変わった料金システムになっています。
ソープランドのホームページで料金システムを確認してみるとわかるのですが、ソープランドの料金は「入浴料」と「サービス料」にわかれており、それを足したものが「総額」となっています。
でも、何でわざわざ入浴料とサービス料を分けてあるのでしょうか?
総額料金もわかりにくいし、そんなことをするメリットなんて無さそうなんですが…。

それは、ソープランドという風俗の法律上の位置づけが関係してきます。
ソープランドは、法律上は「高級個室サウナ」といって、お風呂屋さんということになっています。
だから、行政の管轄も、他の風俗が警察なのに対し、ソープランドは保健所が管轄しています。

ソープランドを利用したことがある方ならご存知かと思いますが、ソープランドには必ずスチームバス(一人用サウナ)の装置が設置されています。
勿論こんなものは、ソープに遊びに行っても使用することはありません。
あくまでも、法律上、設置が義務付けられているというものなのですね。

そんなわけで、ソープランドは名目上は「お風呂屋さん」なので、接客する女性コンパニオンは「お客さんの入浴を介助する女性」というタテマエになっています。
ですから、入り口で払うお金はあくまでも「お風呂屋さんを利用するための入浴料」なのです。

ですから、ソープランドのサービスは、表向きはあくまでも「自由恋愛」ということになっています。
本来「サービス料」というのはおおっぴらに出来ないので、お店の入り口では「入浴料」のみが支払われるというわけですね。
ソープランドの本番OKのタテマエは、お客さんが個室に入って女の子に入浴の介助をしてもらっているうちに、お互いにイイ雰囲気になって、何となくしちゃった…ということなのです。
要は、お店側は個室内で何が起こってるのかは一切感知してませんよ、ということなのです。
個室内で何が起きてるのかを知っていたら、管理売春になってしまいます。

ちなみに、ソープランドの高級店ともなると、1回120分で総額10万円という超高額な料金設定のお店も珍しくありません。
そういうお店では、モデルや女優のような美しい女性が、濃厚なサービスをしてくれるそうです。
また、大衆店や格安店になると、普通のヘルスと変わらないような気軽な値段で遊ぶことができます。
ソープランド自体の種類も豊富で、ギャルばかり集めた若い子ばかりのソープランドや、熟女・人妻系ソープランドまで、実に幅広いタイプのお店が存在します。

ソープランドは、そのサービスの特性上、料金は他の風俗に比べると高くなっていますが、それでも男なら一度は遊んでみたい風俗の王様なのです。

今でも「初給料をもらったら絶対にソープに行く!」という人は結構居るようです(笑)
くっきり高画質でおマ〇コ丸見え!股間に溜まった精液が一気に爆発!これぞ一本道!
オススメ素人無料動画!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。