FC2ブログ


マニアの為に贈る正真正銘の無修正盗撮サイト! 何も知らない素人娘の恥ずかしい姿を是非ともご覧下さい!!
風俗で遊ぶ時のルール

カテゴリ:風俗で遊ぶ時のルール の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
くっきり高画質でおマ〇コ丸見え!股間に溜まった精液が一気に爆発!これぞ一本道!

風俗での「禁句」

風俗で遊ぶ際には、風俗嬢に言ってはならない「禁句」があります。
風俗嬢たちは、何気ないお客さんの一言にイラッとしている場合があるのです。





・「今日お客さん何人ついたの?」等、他のお客さんについて聞く
何気なく聞いてしまいがちかもしれませんが、女の子からすれば「そんなの大きなお世話!」と言いたいところでしょう。
それに、何人お客さんがついたかを調べてどうするの?という警戒感だって生まれます。
風俗の仕事は、お客さんが何人ついたかで、その日の女の子のお給料が決まるので、今日稼いだお給料を計られていると思われるかもしれません。
っていうか、風俗店のスタッフから見ても、この質問って結構謎なんですが、お客さんは一体何が目的でこんなことを女の子に聞くのでしょうか…。
やっぱり、女の子が稼いでる金額を大体で良いから知りたいんですかね??

・「ブス」「ゆるマン」「デブ」など、女の子の容姿や身体をけなす
これ、本当に失礼ですよね!
実際、ブスやデブな女の子が出てきたからといって、それを直接本人に言うというのは、理解に苦しみます。
もし万が一あなたが、会ったばっかりの女の子に、自分の顔のことを「ブサイク!」と言われたらどう思いますか?
それと同じで、女の子だっていきなり容姿を批判されていい気分になるはずありません。
もし出てきた女の子が自分にとってハズレだったとしても、女の子の容姿を批判するのは人としてマナー違反です。
お金を払っているからといって、女の子に何を言っても良いというわけではないんですよ。

・「今月幾ら稼いだの?」「風俗嬢ってみんな超稼いでるんだよね?」など、女の子の収入についての話題
風俗嬢は、リアルなお金がらみの話を好みません。
ぶっちゃけてしまうと、女の子が幾ら稼ごうが、お客さんには全く関係ないですよね。
それにも関わらずお金の話をしつこく降ってくるお客さんというのは、女の子から「コイツ、面倒なお客さんだなぁ」と思われても仕方ないのです。
ぶっちゃけ、どれだけ女の子にお金についてしつこく聞いても、正直に稼いだ金額をを話してくれる女の子は皆無ですよ。

・「どこに住んでるの」「お昼は何の仕事をしてるの?」など、女の子の個人情報を聞く
これは風俗嬢に対する質問の中では、一番嫌われる質問と言っていいでしょう。
女の子たちは風俗という仕事の性質上、極端に個人情報が漏れることを嫌います。
特に女の子が住んでる場所や本名などの人情報は、万が一、お客さんがストーカーになった時のことを考えて、絶対に本当のことは話してくれません。
特に人妻風俗嬢さんのように、結婚をしている女の子は、ほぼ100パーセントが家族に内緒で風俗のアルバイトをしています。
そんな危ない橋を渡っている女の子が、プライベートの質問を好むはずはありませんよね。
ですから、女の子の個人情報を躍起になって聞くような野暮な真似は控えてくださいね、マジで。

風俗で働く女の子たちは、それぞれが様々な複雑な事情を抱えて仕事をしています。
自分のためという女の子も居れば、家族のため、付き合っている彼氏のためという女の子だって居ます。
女の子たちは、自分が風俗で働いているという事情が外に漏れるのを嫌いますし、自分を必要以上に蔑むようなお客はもっと嫌います。
風俗嬢といえども、一歩外に出てしまえば普通の女の子なのですから、最低限の人としての節度を守って接してあげるようにしてくださいね。

何度も言いますが、お客さんはお金を払ったからといって、女の子に何をしても良いわけではないのです。
くっきり高画質でおマ〇コ丸見え!股間に溜まった精液が一気に爆発!これぞ一本道!

予約電話の極意

風俗で遊ぶ際には(特に無店舗型のデリヘルやホテヘル)、まずはお店に女の子の予約をする電話をかけますよね。
今の風俗店では稀にメールでの予約受付を行なっていることもあるようですが、これは2重予約等のトラブルの原因になりかねませんので、通常、ほとんどの風俗店ではメール予約は行なってません。
そういった理由で、風俗店の予約方法といえば、今でも電話予約が主流となっています。
風俗業界のシステムって、そういう意味では、割と保守的です。





予約電話をする際の注意点としては、まずは静かな場所で、しかも相手の声を聞き取りやすい場所からかけるようにしたいものです。
これは別に風俗の予約電話に限ったことではありません。
でも、風俗の予約電話をかける時って、繁華街や外などで電話をしがちなんですよね。
特に家族が居る人は、自分の家の中から風俗店に電話をするようなリスクは負いたくないという人も多いんじゃないでしょうか。
となると、自然、屋外や出先でお店に電話をすることになるかと思います。
その際に周囲がうるさい場所だと、車や雑踏・人の話し声などの音で、お店の人の声が聞き取りづらくなってしまいます。
お店のスタッフと自分の会話が成り立たない状態では、折角電話をかけてもイライラしてしまいますよね。

そして、電話をかける祭には、要件を予めある程度頭のなかでまとめておくと良いでしょう。
風俗店はひっきりなしにお客さんから電話がかかってきており、1人のお客さんにゆっくりと時間を取られることを好みません。
それにいざお店に電話をかけたのに、あまりにも電話口でグズグズしていると、お店のスタッフからの印象も悪くなってしまいます。

そして、予約電話の受付は、風俗店によって違いますので注意が必要です。
例えば1周間前から女の子の予約を受け付けるお店もあれば、前日にならないと予約を受け付けないお店もあります。
また、予約の際の電話受付の開始時間も風俗店によって違いますので、予約受付開始の日時については、お店に電話をかける前に必ずホームーページ等でチェックをしておきましょう。
うっかりフライングで予約電話をしても、まず予約は受けて貰えませんよ!

そしてこれが電話をかける祭に一番チェックをしなければならないポイントなのですが、初めての風俗店に電話をする時には、お店のスタッフの応対にはしっかりと耳を傾けましょう。
スタッフの電話応対があまりにも失礼だったり、ものすごく失礼で尊大な態度だったりした場合は、そのお店は利用しない方が良いかもしれません。
お店のスタッフの対応が悪い風俗店で、良い風俗店だったということは殆どありません。
ぶっちゃけてしまうと、風俗店と言えども立派なサービス業なわけですから、電話応対に問題があるようなお店は利用しないほうが、損をしないで済みます。
それに、折角高いお金を出して風俗で遊ぶのですから、どうせなら気分よく遊べるお店で遊びたいですよね!
くっきり高画質でおマ〇コ丸見え!股間に溜まった精液が一気に爆発!これぞ一本道!

知らない間に出禁になるかも!?

「出禁」という言葉をご存知ですか?
これは「出入り禁止」のことで、文字通り、お店が「このお客さんはお断り!」と、入店禁止にすることです。
ちなみに、こういう出禁になるお客さんは、要は風俗嬢やお店から嫌われているお客さんです。





風俗店では、本番行為の強要や無理な指入れなどの女の子が嫌がるプレイをしようとするお客が、必ず一定数居ます。
ですが、女の子は立場上、「絶対に嫌!やめて!!」とは言いにくいんです。
「風俗は究極の接客業」と言われる通り、風俗嬢はお客からお金を貰い、その対価としてサービスを提供している側です。
接客業をしたことがある人ならばわかるかと思いますが、普通はお店側がお客にはっきりと拒否の意思を示すことはあまりありませんし、出来ないのです。
ですから、お客さんが余程、無茶な事を要求しない限りは、やんわりとお断りする程度に留めておくのが接客業です。
ですから、風俗嬢も、あまりにも酷いお客さんはさておいて、「ちょっと嫌だな」「その攻めは痛いんだけど…。」というぐらいならば、露骨に嫌な顔はせず、やんわりとお断りしてくる程度だと思います。

ですが、こんな鬱陶しいお客が風俗嬢はもとより、お店から好かれるはずがありません。
裏で店舗スタッフに「次回からあのお客は私につけないで!」と言えば、お店は女の子の身体のことを考えて、お客を指名禁止リストに入れます。
ですが、お店もそこは心得たもので、次回、またその問題客が女の子を指名しようとしても「アナタは指名禁止のリストに入っちゃってるから、もう2度と指名できないですよ」というような野暮なことは言いません。
「今日はその子は指名でいっぱいなんですよ」とか「今日は急にお休みになりました」などという断り方で、お客さんを追い払うのです。
ちなみに当然ですが、その後何度予約を入れようとしても、その子はいつも「指名でいっぱい」か「急遽お休み」なのです。

本当にタチの悪い面倒なお客や、女の子からクレームがあまりにも出過ぎているお客は、お店単位で出入り禁止になることが多いです。
グループ店の場合は、グループ店丸ごと出入り禁止になります。
その場合も「今日はうち、どの娘も指名で全部埋まっちゃってて…。申し訳ありません」となってしまうのです。

この文章を読んでいる人の中に、お目当ての女の子がいつ電話しても「指名でいっぱい」「今日はお休み」という人は居ませんか?
ひょっとしたらそれは、女の子からのクレームで指名禁止になっているかもしれません…。

女の子は基本的にお客さんの多少のワガママは流したり許したりするものです。
風俗の場合、お客さんの暴言や乱暴は、ある程度仕方がないと割りきらないとやっていけませんからね。
それが「こいつ、出入り禁止!」となってしまうのは、相当の問題のある行動があったということです。

「出禁になったら別のお店に行けばいいや」と思う人も居るかもしれませんが、こんな考えでは新しいお店でも同じようなクレームを受けて出入り禁止になっちゃうのではないでしょうか。

風俗嬢だって人間なんですから、相手に対する最低限の思いやりだけは忘れずに、風俗遊びをして欲しいものです。
くっきり高画質でおマ〇コ丸見え!股間に溜まった精液が一気に爆発!これぞ一本道!

風俗のボッタクリ対策あれこれ

風俗で遊ぶ際の注意点として、絶対に忘れてはいけないことが「多額の現金を持って行かない」ということ。
最初に「今日の風俗遊びの予算」を決めておいて、その予算内の金額で必ず遊ぶと決めておくと良いでしょう。



何度も行き慣れたお店や有名なチェーン店なら別に問題ありませんが、初めて利用する風俗店の場合は、実際に遊んでみるまではどういったお店なのかはわからないわけです。
そんなわけで、万が一ボッタクリ店に当たった場合のことを考えて、持っていく現金は必要最低限のお金+5000円ぐらいにしておいた方が無難です。

ボッタクリ風俗店の場合、要は現金を持っているから被害に遭うわけです。
現金を持っていなければ、お店側がどう足掻いても、お客さんは決まった金額以上のお金を支払うことはできませんから、被害を最小限に留めることができます。
ちなみに、悪質なボッタクリ店になると、店員が脅しすかして銀行のカードで現金を下ろさせようとする場合もありますので、初めてのお店で遊ぶ際には銀行のキャッシュカードやクレジットカードも持って行かない方が良いでしょう。

特にカード類は、悪質な風俗店の場合、無理やりお金をおろさせようとされるだけでなく、スキミングの被害に遭う可能性があります。
実際に、知らない間に限度額いっぱいまでクレジットカードを使われていた、という例が沢山あります。
極端な話ですが、仮にお店が優良店だったとしても、店員個人が悪人だったら、例え優良店でもスキミング被害に遭う可能性があるのです。
風俗店の中には、カードでの支払いが可能なお店がありますが、風俗店でのカード利用はそれなりのリスクが有るということを覚えておきましょう。
ちなみに風俗店でのカード決済の場合は、20パーセント前後の手数料を取られることが多いので、結構高く付くことが多いので、金額的な面から言っても単純にオススメできません。

出来ることならば、身分証明になるような免許証や保険証も持って行かない方が無難です。
万が一、携帯電話やスマートフォンを取り上げられた時のために、店内や個室に入る前に、携帯電話やスマートフォンにはロックを掛けておき、電源を切っておきましょう。

とにかくボッタクリ被害に遭わないためには、お客側も最低限の対策をしておかなくてはなりません。
現金は最低限しか持ち歩かない、カード類・身分証明書の類は持ち歩かない、携帯電話やスマートフォンにロックをかけておく…。
この3点を守っているだけで、運悪くボッタクリ店に当たったとしても被害は最小限で済みます。

そもそもボッタクリ店に当たらないためには、初めて遊ぶ風俗店を探す場合は、予めお店の料金システムなどを下調べをして、出来れば口コミ情報もチェックをしてから遊びに行くと良いでしょう。
逆に、繁華街を目的もなくふらふら歩いていたり、物珍しそうにキョロキョロしている人は、ポン引きからすれば超美味しいカモにしか見えません。
繁華街や盛り場を歩く時は、いかにも「お店を今探しています!」といった雰囲気を出さないようにすることが大切です。
ちなみに繁華街を歩くときに、コンビニの袋や弁当屋の袋を下げているとポン引きから声をかけられにくくなります。
「ああコイツ、これから帰るのか」と思われるからだと思うのですが…。
もしポン引きに声をかけられやすい人がいたら、是非一度試してみて下さい。
くっきり高画質でおマ〇コ丸見え!股間に溜まった精液が一気に爆発!これぞ一本道!

嫌われる客にならないためには

風俗で働いている時に何度か目にしたことがあるのですが、「風俗嬢に嫌われる客」というのが、どの店にも一定数存在します。
そういったお客の特徴は、「どの風俗に遊びに行っても、なぜか必ず風俗嬢に嫌われる」ということです。
ここでは風俗嬢に嫌われる客について考えてみることにします。

風俗嬢に嫌われる客というのは、一定の行動パターンがあります。
要は、嫌われる客というのは、どいつもこいつも似たような事をしているというわけです。





・とにかくしつこく女の子について知りたがる
これは風俗嬢に一番嫌われるお客の王道パターンと言っても良いのではないでしょうか。
「地元はどこなの?」「今どこに住んでいるの?」「住んでるところの最寄り駅を教えて!」「本当の年齢は何歳なの?」などなど、とにかく何で女の子の個人情報をここまで聞く必要があるのか!?というぐらい、女の子のプライベートについて聞きたがるお客は、まず間違いなく一番嫌われます。

風俗で働く女の子達は、自分が風俗嬢だということを隠している女の子がほとんどです。
基本的に風俗嬢は、同僚の女の子同士でも個人情報の交換をすることはあまりありません。
そのぐらい彼女たちは風俗の仕事バレを警戒しています。
実際に軽率な行動で風俗バレをする女の子もいるぐらいですから、自分の個人情報をしつこく聞き出そうとする人は、男であれ女であれ、風俗嬢からは非常に警戒されます。
実際の話、風俗にかぎらず、普段の生活でもしつこい人やねちっこい性格の人って、男だろうと女だろうと嫌われていると思いませんか?

・メールアドレスや電話番号を聞きたがる
これも個人情報を聞き出そうとする客とかぶりますが、大して女の子に通いつめても居ないくせに、やたらとしつこく女の子からメルアドや携帯番号を聞こうとするお客さんが居ます。
営業用の携帯電話を持っていたり、営業用のメールアドレスを持っている子なら、割とあっさり教えてくれるかもしれません。
だけど、基本的に風俗嬢は「この客、嫌だな」と思ったら、メールや携帯番号を教えません。

風俗嬢はキャバクラ嬢と違って、あまりこまめに客とメールや電話で連絡を取りあうことをしません。
また、自分のプライベートの時間を大切にする子が多いので、女の子にコナをかけてみた時に少しでも嫌がる素振りを女の子が見せたら、それ以上しつこく聞かないほうが無難です。
中には女の子が営業用のサブアドを教えたら、ブチ切れるお客さんもいるそうですが、これはもうとんでもない勘違い野郎だとしか言えません…。
こういう客って、風俗嬢の本アドレスを聞いて、一体何がしたいんでしょうか…。

・やたらと外で会いたがる
やたらと外で会いたがるということは、要は「都合良くタダマンしたい」と言っているのも同じことです。
仕事でエッチをしている女の子からすれば、金を貰えないエッチなど何の得にもなりません。
というわけで、店を通さずに外で会おうとする客はとにかく嫌われます。
これは女の子から嫌われるだけでなく、お店からも嫌われます。
あまりにもしつこいお客さんは、出禁になっちゃう可能性もありますから、程々にしておきましょう。
実際、私も現役で働いている時に、あまりにもしつこいお客さんを出禁にしたことが何度かあります。

女の子がサービス中に気持ちよさそうにしていても、それはあくまでも女の子からすれば仕事の範囲のことだということを忘れないようにしましょうね。
くっきり高画質でおマ〇コ丸見え!股間に溜まった精液が一気に爆発!これぞ一本道!
オススメ素人無料動画!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。